葬儀費用は、一般的に「葬儀一式費用」と「寺院費用(お布施)」、「飲食接待費用」という3つによって構成されています。
葬儀費用の基本的な知識
葬儀費用の基本的な知識

葬儀費用の基本的な知識

葬儀費用は、一般的に「葬儀一式費用」と「寺院費用(お布施)」、「飲食接待費用」という3つによって構成されています。「葬儀一式費用」は、大まかに言えば葬儀社へ支払う費用のことを指します。よく葬儀社の広告に掲載されているプラン料金は、葬儀費用の全体ではなく、葬儀一式費用のみの金額であるため、その他にも費用が必要になるということをあらかじめ知っておきましょう。

そして、葬儀には高額な費用が必要になりますが、実は出費だけでなく「収入」もあります。葬儀を行うと会葬者から香典をいただくことができるため、それが葬儀の収入になります。ですので、収入のみを考えれば会葬者が多ければ多いほど収入も多くなるということになるでしょう。さらに、葬儀費用の補助をしてもらえる保険契約をしていた場合は、その支払いが収入になりますし、故人が各健康保険組合の加入者であれば葬祭に関する補助金の支払いを受けることができます。

上記のように、葬儀には香典等の収入もあるため、葬儀費用は「支出と収入の差し引き」で考えることが重要になります。香典の金額は、故人との関係によってある程度相場が決まっているため、その人数が分かれば事前に収入額を計算することも可能でしょう。例えば200万円の費用をかけて葬儀を行う場合、香典等の収入が100万円集まれば、実際には差し引きした100万円の費用で済むということになります。

おすすめ情報